何をやっても肌が潤わない乾燥肌も馬油で潤いのある肌になれる

かなり重度の乾燥肌なので今まで様々な保湿方法を実践してきましたが水分も油分も少ない乾燥肌はどんなに保湿力の高い化粧水や油分が多いクリームを肌に浸透させようと思っても肌に潤いがなくかさついてしまっているので化粧品を丁寧になじませても浸透していかずどうすれば肌の奥まで化粧品が入ってくれるのか、乾燥肌が改善するのかを考え自分が行う美容法にも悩んでいました。

数年前から美容雑誌などにブースター導入液が掲載されている記事が多くなり洗顔後の肌に化粧水をすぐに浸透させるのではなくブースター導入液を先に肌になじませて化粧品が浸透しやすくなるように土台を作ってからスキンケアを行うと書かれていた記事を読んで以前、先行型乳液をスキンケアで使用していたことを思い出し洗顔後の肌に化粧水を馴染ませるのではなく乳液やブースターで土台を作ってからのほうが乾燥肌にはよいのかもしれないと思いそれから美容雑誌や美容サイトでブースターや先行乳液のことを調べ自分なりに考えて馬油をブースター導入液として使用する美容法にたどり着きました。

馬油は美容オイルの中ではリーズナブルですが人間の肌に浸透、なじみやすく有名な美容ブロガーさんたちの多くの方が馬油をスキンケアに取り入れたら乾燥肌が改善したと書かれていたのでこれ以上、肌の乾燥を悪化させないため、進めないためにも馬油をブースター導入液として使用するために購入しました。

少量でもよく伸びつけすぎるとベタツキ肌がてかってしまう馬油はほんの少量を手に取り手に伸ばしたら洗顔後の肌に優しくプレストするようになじませてその後に通常のスキンケアを行うことにしました。
油分を先に肌に伸ばすと水分である化粧水をはじいてしまうようなイメージがありますが馬油を少量、ブースター導入液として使用している時のほうが化粧水が良く肌に浸透していきそれは乳液でもクリームでも同じであり乾燥してしまってどうしようもなく、どうすることもできなかった私の肌は馬油をブースター導入液として使用することで肌に化粧品が浸透しやすくなり重度だった乾燥肌はかなり改善し乾燥が治まりました。

現在ブースター導入液は様々なコスメブランドから販売されていますがどれも高額な物が多く手ごろな値段で肌への効果も抜群な馬油をブースター導入液として使用することで肌の状態はかなり改善し昔のように夕方になると目元がつっぱったり頬やおでこに粉を吹いてしまうこともなくなったので私の肌は馬油を使用することにより肌の乾燥がかなり改善し今も乾燥肌ではありますが肌に潤いを感じるようになったので馬油を使ったスキンケアは私にとってなくてはならないものになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です