お肌をワントーン明るくピーリングする簡単お風呂タイム

ピーリング効果

お肌は丁寧に優しくあらうべし、と決まっているのですが、ピーリングという考え方もあります。肌に汚れがたまりますと、ゴワゴワとした肌になってしまいますし、毛穴に汚れもたまってしまいます。
お顔を洗うときには、普段は凍りコンニャクに石鹸をつけて優しく洗っているのですが、入集間に1度ほどの間隔で、タオルに石鹸をつけてお肌をピーリングしてみます。

白いタオルにうっすらとつく汚れを見ていますと、お肌ってやっぱり汚れがたまってしまうものなのだな、と思います。

ピーリングの次には

タオルを使ってピーリングいたしますと、お肌のトーンがワントーン明るくなります。
しかし、ちょっと肌にも刺激がありますから、ピーリングを行った後にはしっかり保湿をいたしましょう。

化粧水を何時もよりもたっぷりと肌につけていきます。
何時もは化粧水を一度つける、という方ならばこの日にはたっぷりの化粧水を二回肌に与えてあげましょう。
そして、いつもよりも少し多めの美表クリーム、美容液で肌を仕上げていきます。

最後に、いつも以上に、パックできますオールインワン美容液などをたっぷりとつけて就寝します。
次の日には、いつもよりきれいな肌が、いつもよりももっちりと美しい仕上がりに出来上がっています。

敏感肌さんは注意

タオルを使ってのピーリング、簡単で誰でもできるワントーン肌の色を明るくする方法ですが、敏感肌さんは注意しましょう。
敏感肌さんはもタオルでピーリングしてみたい、と思われていきなりお顔全体をピーリングされるのはやめておきましょう。ひどくなっていけませんから、アトピー性皮膚炎や、肌の弱い方は肌をタオルで洗ってはなりません。
どうしてもやってみたい、という方は、先ずは、顎の部分だけ、にとどめたり、唇の部分だけにとどめる、など一部分から試してみましょう。

唇を柔らかいタオルに石鹸を泡立ててピーリング効果があるように優しく洗いますと、つやつや、フレッシュな唇にすることができますのでお勧めです。
敏感肌さん以外の方でも、毎日タオルでお顔をピーリングしますと、肌を傷つけ、敏感肌さんになってしまいますから、タオルを使ってのピーリングは二週間に一度までにとどめておきましょう。

ワンシーズンに一度でも、肌をクリアして、たまった肌の汚れをOFFしたり、肌の角質除去にお薦めです。
お顔以外、お肌のお手入れも同じこと、タオルを使って肌を洗います時には、敏感肌に注意が必要です。年齢とともに、肌のコンディションも変わってきますので、その都度肌に合わせて優しい洗い方にいたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です